車検の概要

車を持っている人ならば車検について疑問に思ったり悩んだりしたことがあるのではないでしょうか。
車検はお金もかかりますし、どこで受けるか、いつ受ければよいのかなど実はきちんと理解している人は少ないかもしれません。
そもそも車検とはなんでしょう。
車検とは、道路を走る全ての車を対象に、法律で定められた「保安基準」にきちんと適合しているか検査を行うことで、日本の法律では新車は3年、それ以外の車は2年に1回と決められています。もし車検を受けないまま走っていると「無車検車運行」となり、厳しい罰則が定められています。車検で検査されるのは「保安基準」に適しているかどうかであって、車検の際に問題がなかったから、次の車検まで安全に乗れるという保証を与えられるわけではありませんので、注意しましょう。
車は定期的に点検や整備を行わなければ安全に走行することはできません。

日本の車検制度は1930年にタクシーやバスの安全性を保つために始まりましたが、戦後、車を保有する一般市民が増えたため1951年に「車検制度」が制定され、全ての車に義務付けられるようになりました。
その後、車の保有者は増加する一方で交通事故の発生も増えたため、被害者救済のため、「自動車賠償保障法」が定められ、全ての車に自賠責保険の加入を義務とするようになりました。
また、軽自動車に車検が義務化されたのは1973年でした。日本の中で車の存在は時代と共に大きく変化したため、車検制度も少しずつ変化してきました。

▽特選サイト
車の免許を取る際に利用すると便利な合宿免許教習所の情報サイトです ⇒ ⇒ 合宿免許教習所







Copyright © 2014 車検を受ける際の注意点 All Rights Reserved.